デザイン

2018年秋に登場予定の新iPad Proと新Apple Watchをリーク情報からビジュアル化するとこうなる


2018年9月に3種類の新型iPhoneが登場するとみられていますが、他にも新型iPad Proや新型MacBookなどの新製品が一挙に登場すると予想されています。Apple関連の確度の高いリーク情報で知られるミンチー・クオ氏の予想をもとに、9to5Macが新型「Apple Watch」と新型「iPad Pro」のイメージを作成しています。

Kuo: Apple planning 11″ iPad Pro, Mac mini update, 1.57″ & 1.78″ Apple Watch, AirPower for fall | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2018/07/11/kuo-iphone-ipad-mac-apple-watch-rumors/

Gallery: Visualizing an 11-inch iPad Pro and bezel-free Apple Watch Series 4 | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2018/07/11/11-inch-ipad-pro-apple-watch-series-4-concept/

TF International Securitiesのミンチー・クオ(郭明錤)氏の新製品の予想については、以下の記事で確認できます。

次期iPhoneは6.1インチ液晶モデルが販売数の半分を占めるとの予想 - GIGAZINE


新型iPhoneや廉価版MacBook AirなどAppleの2018年秋新製品群を著名アナリストが予想 - GIGAZINE


iPhoneの新モデルには「多彩なカラーバリエーションが採用される」と著名アナリストが予想 - GIGAZINE


クオ氏は最新のレポートで、3種類の新型iPhoneなど従来の予想に加えて「iPad Proは12.9インチと11インチの新型が開発されている」「新プロセッサを搭載したMacBook Air後継機が登場する」「iMacはディスプレイで大幅なアップグレードがある」「Mac miniが新チップでようやくアップデートされる」「1.57インチと1.78インチの新型Apple Watchが登場する」「Siri対応の新型AirPodsが登場する」という予想を出しています。


これらの情報をもとに、9to5Macが作成した新型「Apple Watch」のイメージがこれ。白いバンドが現行モデル、青いバンドが新モデルです。従来通りのケースを使いベゼルレス化することでディスプレイは大型化されるとの予想。小さなApple Watchのディスプレイの視認性は大幅に改善され、コンテンツが充実しそうです。


新型iPad Proはこんな感じ。いずれもベゼルレス&タッチIDなしの外観ですが、iPhone Xのようなノッチはありません。iPadの場合、破損リスクを下げたり操作性を維持するためには、ある程度のベゼルを残す方が良いという判断なのかもしれません。11インチという新しいモデルは、既存の9.7インチiPadや10.5インチのiPad Proの筐体を使う可能性が高そうです。


現行の12.9インチのiPad Proと比較するとこんな感じ。同じ12.9インチといえ、ベゼルレス化によって筐体自体のサイズは小さくなり、軽量化も期待できそうです。


あくまで予想をベースにしたイメージとはいえ、実現すれば大幅なアップデートといえそう。クオ氏の予想が正しければ、2018年秋はApple製品の主要モデルのほとんどが刷新されることになりそうです。

・関連記事
次期iPad ProはiPhone Xと同じく顔認証機能Face IDを採用との情報 - GIGAZINE

新iPhoneは値下げされ3機種すべて同時に9月登場と著名アナリストが予想 - GIGAZINE

AppleがついにLightningコネクターに別れを告げて2019年にUSB Type-Cへと移行か? - GIGAZINE

Appleが新型MacBookに「ぐにゃりと曲げられる新型ヒンジ」を採用する可能性 - GIGAZINE

次期iPhoneは衝撃に強いディスプレイガラスを採用して割れにくくなる模様 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   デザイン, Posted by logv_to