ゲーム

ゲームでチートを使ったプレイヤーが約20年のオンライン禁止処分を受けて話題に

by Sean Do

オンラインゲーム「Dota 2」で、不正を働いたプレイヤーが約20年後である2038年までのオンライン対戦禁止処分を受け話題となっています。

Matchmaking Update for the Next Ranked Season | Dota 2
http://blog.dota2.com/2019/09/matchmaking-update-for-the-next-ranked-season/

Toxic Dota 2 Players Are Being Hit With 19 Year Bans - IGN
https://www.ign.com/articles/2019/09/18/toxic-dota-2-players-are-being-hit-with-19-year-bans

Dota 2 players receiving absurdly long bans after latest ranked update | Dexerto.com
https://www.dexerto.com/dota2/dota-2-players-receiving-absurdly-long-bans-latest-ranked-update-1037298

Dota 2とは、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」の運営で知られるValveが開発した、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)形式のリアルタイムストラテジーゲームです。複数のプレイヤーが2つのチームに分かれて、敵チームの本拠地を破壊することを目指して対戦するMOBA形式を採用したゲームは「Warcraft III」のMOD「Defense of the Ancients(DotA)」にちなんで「DotA系」や「DotAクローン」とも呼ばれており、Dota 2はその流れをくむ「DotA-Allstars」の続編にあたるゲームです。

Dota 2の運営チームは2019年9月17日に公式ブログの中で、ゲーム内容のアップデートとともに「最近、スマーフ
をするアカウントが横行していることを確認しています」と述べて、チート対策に乗り出していることを明らかにしました。

「スマーフ」もしくは「スマーフィング」とは、ゲームに素性を偽って参加する不正行為のこと。初期のスマーフ行為がベルギーの漫画「Smurf」に登場する架空の種族の名前を使って行われたことから、その名で呼ばれるようになっています。

オンライン対戦が可能なDota 2でスマーフを行うと、実際には初心者プレイヤーではないにもかかわらず、初心者プレイヤーのフリをして初心者同士の対戦に参加できるので、対戦が非常に有利になるというわけです。


このスマーフ行為の横行を受けてDota 2の運営チームは、「ランクを決めるためのスコアが異様に低い」プレイヤーや、エクスプロイトの検出などの対策を講じて、スマーフを行うアカウントの取り締まりを強化しました。また、 Dota 2にはプレイヤー同士で良いプレーをした相手にポイントを送ったり、逆に不適切な行為をしたプレイヤーを運営に報告するようなシステムも導入されています。これらを用いることで、多数の不正報告の対象となったプレイヤーに対し、約20年の対戦禁止処分が科されることとなったわけです。

以下の画像は、実際に処分を受けたプレイヤーの対戦画面のスクリーンショットです。過激な行為の報告などによりマッチングが無効になっている旨のメッセージには、禁止期間解除までの期限として「2038年1月19日」と記載されています。


「2038年1月19日までの約19年間」というのは特に意味がある期間ではなく、あくまでシステム上表現可能な最長の日付だとのこと。そのため、オンライン掲示板RedditでDota 2の話題を扱う専用フォーラム「r/DotA2」の公式Twitterアカウントは「お知らせ:禁止処分は実際には19年間ではありません」とツイートして、実際には無期限だとの見方を示しました。


スマーフ対策の一環として、電話番号の登録がないアカウントでもマッチングができるバグが修正されているため、処分を受けたプレイヤーは新しくアカウントを作って再度プレイすることもできません。そのため、Dota 2のコミュニティは禁止処分を受けたプレイヤーの悲痛な叫びであふれかえる事態となってしまいました。

Steamコミュニティのスレッド一覧には、「20 year」「BANNED(禁止処分された)」「2038」「HELP(助けて)」といった言葉がずらりと並び……


r/DotA2には「19年も禁止処分を食らったんだけど!?」というスレッドや……


やあみんな。やっと2038年になったね」と現実逃避するようなスレッドが作成されています。


一方で、処分を受けたプレイヤーの書き込みのスクリーンショットとともに「クリスマスが早く来たようだよ」と書き込む人や……


実に満足です」と書き込む人も。


また、「処分されたプレイヤーの反応は、Valveが正しい決定をしたことの証左です。彼らは実に知的で楽しげな人たちなようですね」と皮肉る書き込みもあり、大多数のプレイヤーは不正が一掃されたことを歓迎している様子でした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界一プレイされているゲームはチート行為にどうやって対抗しているのか? - GIGAZINE

何百人ものApex LegendsなどのFPSプレイヤーがチートツール経由でマルウェアに感染して個人情報を盗み出されている - GIGAZINE

世界一プレイされているゲームではチーターは隔離され同士打ちすることになる - GIGAZINE

他人のゲームアカウントのレート上げを行う「ブースティング行為」が法律で禁止される - GIGAZINE

Steamが7日間で9万件以上のチートプレイヤーのアカウントを停止したことが判明 - GIGAZINE

人気バトルロイヤルゲームのチートプログラムを作成していた15名が逮捕される - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.