生き物

「拳2つ分」という巨大なガが見つかる、巨大すぎて飛ぶのが下手


オーストラリアの小学校で「拳2つ分」という巨大サイズのガが見つかりました。このガは大きすぎて飛ぶのが下手で、人里ではめったに目撃されない種と報じられています。

'Giant moth invasion': Queensland Museum explains the mystery of Mt Cotton State School's surprise visitor - Breakfast - ABC Radio
https://www.abc.net.au/radio/brisbane/programs/breakfast/giant-moth-invasion/13326950

Giant wood moth: ‘very heavy’ insect rarely seen by humans spotted at Australian school | Queensland | The Guardian
https://www.theguardian.com/environment/2021/may/05/giant-wood-moth-found-queensland-australia-school

Giant wood moth so heavy it struggles to fly found in Australia | The Independent
https://www.independent.co.uk/news/world/australasia/giant-wood-moth-australia-school-b1842372.html

Giant Wood Moth Spotted In Australian School
https://www.ndtv.com/offbeat/giant-wood-moth-spotted-in-australian-school-2428646

問題のガが以下。オーストラリアのクイーンズランド州に位置するマウントコットン州立小学校内の工事現場で見つかった個体で、拳2つを合わせた大きさだったとのこと。

A giant wood moth found during the build!

https://www.abc.net.au/radio/brisbane/programs/breakfast/giant-moth-invasion/13326950

Mount Cotton State Schoolさんの投稿 2021年5月2日日曜日


クイーンズランド博物館に所属する昆虫学者のクリスティン・ラムキン博士によると、このガは「Endoxyla cinereus」という種。ガの中では最も重く、体重は最大で30グラムに達するそうです。


Endoxyla cinereusはオーストラリア東部を中心に分布する種ですが、人里で見られるのはまれ。これは、「大きすぎて飛ぶのが困難」という点に加えて、幼虫の間はユーカリの木の中で数年にわたって成長を続けるものの、成体となってからは餌を取らないままわずか数日で死ぬといった生態が原因だと考えられています。


大きすぎて飛ぶのが困難という点については、オスの約2倍の大きさに達するというメスにおいて特に顕著で、メスはユーカリの木から出てきた後、周辺の木に飛ぶのではなく「よじ登り」、その場でオスをじっと待つそうです。

今回発見された個体は写真を撮影された後に森の中に放されました。また、同校に通う4~5年生には「ガをテーマにしたお話を書く」という宿題が出されたそうで、同校のミーガン・スチュワード校長は「人気テレビドラマシリーズ『ミセス・ウィルソン』の主人公であるウィルソン夫人が巨大なガに食べられる、といった想像力豊かな作品が集まりました」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
マイアミに巨大カタツムリが大量発生、さらにカタツムリ教団まで登場 - GIGAZINE

かつて隆盛を誇りながらも絶滅してしまった巨大生物10選 - GIGAZINE

花の蜜を吸うチョウは「死体や糞」にも群がる - GIGAZINE

in 生き物, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.